金鉱床が浸食されて砂粒状になった金が水に流されて、河床や海岸などの砂礫 (されき) 中に沈積したもの。しゃきん。→山金 (やまきん) 

[補説]書名別項。→砂金

西条八十の第1詩集。大正8年(1919)に自費出版。40編の詩、9編の童謡、3編の散文詩からなる。大正7年(1918)、雑誌「赤い鳥」に掲載された代表作「かなりあ」を所収。