平家物語に登場する人物。京都の白拍子平清盛の寵愛 (ちょうあい) を受けたが、のち、自分の推挙した仏御前にその寵が移ったため、母・妹とともに尼となり、嵯峨 (さが) 往生院に隠棲した。
謡曲。三番目物宝生金剛喜多流。喜多流では「二人 (ふたり) 祇王」。平清盛をめぐる白拍子の祇王と仏御前の葛藤 (かっとう) を描く。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉