• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

秀外恵中の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

風姿が立派で美しく、内に高い知性を備えていること。▽「外」「中」は外形・内心の意。「秀」はひいでている、立派である意。「恵」は頭の働きのさといこと。「外そとに秀ひいで中なかに恵けいあり」と訓読する。
出典
韓愈かんゆ「李愿りげんの盤谷ばんこくに帰かえるを送おくる序じょ
類語
才色兼備さいしょくけんび 才貌両全さいぼうりょうぜん

[励ましたり、褒めたり/褒める・評価する]カテゴリの四字熟語