1. 木材・竹などを並べて結び合わせ、水に浮かべる物。木材の運搬や舟の代わりに用いる。

  1. 鎧 (よろい) の籠手 (こて) として、手首とひじの間に並べてつけた薄い板金。

  1. 《串にさした形が1に似ているところから》小鰻 (こうなぎ) のかば焼き。そのほか、筏の形にした料理をいう。

[補説]書名別項。→

外村繁の時代小説。江戸時代末期の近江商人を主人公にした作品。「草筏」「花筏」とともに「筏三部作」と呼ばれる。昭和29年(1954)発表。昭和31年(1956)、第9回野間文芸賞受賞。