1. 糸を巻いておくこと。また、そのための道具。

  1. 釣り糸を巻き収める道具。

  1. 三味線などの弦楽器の棹 (さお) の上部にある、糸を巻きつけるねじ。転手 (てんじゅ) 。

  1. 江戸時代、女性の髪の結い方の一。髪を櫛 (くし) などに巻いてとめる。多く舞子・遊芸の師匠などが結った。

  1. 紋所の名。1をかたどったもの。

  1. 糸巻の太刀」の略。

  1. 糸枠 (いとわく) の形をとった茶道具の総称。糸巻き棚・糸巻き煙草盆・糸巻きふた置きなど。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉