[動ラ五(四)]

  1. 足をすばやく動かして移動する。駆ける。「ゴールめざして―・る」「通りを―・って渡る」「―・るのが速い動物」

  1. 乗り物などが進む。運行する。また、物が速く動く。「駅から遊園地までモノレールが―・っている」「風を受けてヨットが―・る」「雲が―・る」

  1. 水などが勢いよく流れる。「石の上を水が―・る」

  1. すらすらと事が運ぶ。滑るように動く。「ペンが―・る」「刀が鞘 (さや) から―・る」

  1. 逃げ去る。逃亡する。また、出奔する。「犯人が外国に―・る」「敵方に―・る」「家を出て恋人のもとへ―・る」

  1. 急いで行く。かけつける。また、あちこちとびまわる。「使いに―・る」「金策に―・る」

  1. ある方向・状況へ急激に傾く。「悪に―・る」「私利私欲に―・る」「立場を忘れて感情に―・る」「行動が極端に―・る」

  1. 散り広がる。飛び散る。ほとばしる。「血が―・る」

    1. 「炭は―・らぬように必ず一昼夜水に浸してかわかしたのを用い」〈蘆花思出の記

  1. ある方向に通じている。細長くずっと延びる。「山脈が南北に―・る」「壺にひびが―・る」

  1. 10 瞬間的に現れて速く動く。「稲妻が―・る」

  1. 11 感覚・感情などが一瞬現れて消える。「背中に痛みが―・る」「顔に皮肉なかげが―・る」

  1. 12 (「胸がはしる」の形で)動悸がする。胸騒ぎがする。

    1. 「例のごとぞあらむと思ふに、胸つぶつぶと―・るに」〈かげろふ・中〉

  1. 13忌み詞で)割れる。

    1. 「舟では割れたといふは忌ま忌ましい。頭の皿が―・った―・った」〈浄・博多小女郎

[可能]はしれる
[用法]はしる・[用法]かける――「グラウンドを走る(駆ける)選手たち」のように、人や動物が速く移動する意では相通じて用いられる。◇「走る」は用法が広い。乗り物が速く進む意では、「船(オートバイ)が走る」のように用い、「ビルの間を高速道路が走っている」のように道・線が長く延びていることをも表す。◇「稲妻が走る」「痛みが走る」などは事物のすばやい動きをとらえたものであり、「非行(感情)に走る」のように、人の行動がある方向に性急に傾く意にも用いる。◇「駆ける」はもともとは馬が速く進む意で、人や動物にのみ使われる。「大平原を駆ける騎馬隊」

出典:青空文庫

出典:gooニュース