• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

越畔之思の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分の職分を忠実に守り、他人の職権を侵さないように心がけること。
注記
「越畔」は、田んぼの畔あぜを越えること。自分の田んぼと他人の田んぼの境界である畔の内側を守り、同時に畔を越えて他人の田んぼに踏みこむことを慎むこと。
故事
中国春秋時代、鄭ていの宰相子産しさんが、政治で大切な点を農業にたとえていったことば。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』襄公じょうこう二五年
対義語
越権行為えっけんこうい 越俎之罪えっそのつみ

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。