• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

越鳥南枝の解説 - 学研 四字辞典熟語

中国南方の越の国から渡ってきた鳥は、巣を作るとき故郷を思って南の枝にとまるという意から、故郷を懐かしみ忘れがたく思う気持ちのたとえ。また、望郷の念にかられること。
注記
「越鳥」は、中国南方の越の国に生まれた鳥。出典の「胡馬こばは北風ほくふうに依り、越鳥は南枝に巣くう」による。
出典
『文選もんぜん』古詩十九首
類語
狐死首丘こししゅきゅう 胡馬北風こばほくふう 蓴羹鱸膾じゅんこうろかい

キーワード[故郷]の四字熟語