• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白雲孤飛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

旅の途中で、親を思い起こすことのたとえ。青い空に白い雲が一片ぽつんと飛んでいるのを見て、その下に住んでいる親を思って悲しむことから。
出典
『大唐新語だいとうしんご』挙賢きょけん
句例
白雲孤飛の深情
類語
白雲親舎はくうんしんしゃ 望雲之情ぼううんのじょう

白雲孤飛の解説 - 学研 四字熟語辞典

旅先の青い空に浮かぶ白い雲を見て、その雲の下に住んでいる親を思い起こすこと。懐郷の念のたとえ。
出典
『大唐新語だいとうしんご』挙賢きょけん

キーワード[故郷]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。