• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

軽挙妄動の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

軽はずみに何も考えずに行動すること。是非の分別もなく、軽はずみに動くこと。▽「軽挙」は深く考えずに行動すること。「妄動」は分別なくみだりに行動すること。
句例
軽挙妄動を慎む
用例
吉継は、どうあっても三成の軽挙妄動をさしとめねば、と決意した。<司馬遼太郎・関ヶ原>
類語
軽慮浅謀けいりょせんぼう
活用形
〈―スル〉

軽挙妄動の解説 - 学研 四字辞典熟語

軽はずみに何も考えずに行動すること。軽率なふるまい。
注記
「軽挙」は、前後のことを深く考えずに軽々しく行動すること。「妄」は、「みだりに」の意。「妄動」は、事のよしあしを考えずにみだりに行動すること。無分別に事を起こすこと。
表記
「妄動」を「盲動」と書きちがえない。
対義語
隠忍自重いんにんじちょう 熟慮断行じゅくりょだんこう

軽挙妄動の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)深く考えずに、軽々しく行動すること。「軽挙妄動を戒める」

[言動を表す/立ち居振る舞い]カテゴリの四字熟語

キーワード[慎重/軽率]の四字熟語