• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大津市と京都市との境にある山。標高325メートル。古来、交通の要地。下を東海道本線のトンネルが通る。関山。[歌枕]

「吾妹子に―を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしも無し」〈・三七六二〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉