黄表紙。2冊。恋川春町画作。安永4年(1775)刊。謡曲「邯鄲 (かんたん) 」の翻案。金村屋金兵衛が、金持ちの養子になり放蕩三昧 (ほうとうざんまい) にふけって勘当される夢を見て、栄華のむなしさに気づき国へ帰る。黄表紙はこの作より始まるとされる。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉