[名]
  1. 物が並んでいるときの空間。あいだ。あい。すきま。「車と車との間を置く」

  1. 家のひと区切りをなしている部屋。「次の間に控える」

  1. 畳の大きさを表す名称。「京間」「江戸間」

  1. 連続している事と事のあいだの時間。ひま。いとま。「食事をする間もない」

  1. 話の中に適当にとる無言の時間。「話は間が大切だ」

  1. 邦楽・舞踊・演劇などで、拍と拍、動作と動作、せりふとせりふなどのあいだの時間的間隔。転じて、リズムやテンポの意に用いる。「間をとる」「間を外す」

  1. ちょうどよい折。しおどき。ころあい。機会。「間を見計らう」

  1. その場のようす。その場のぐあい。

  1. 家などの柱と柱との間。けん。

    1. 「我は南の隅の―より格子叩きののしりて入りぬ」〈・空蝉〉

[接尾]助数詞。
  1. 部屋の数を数えるのに用いる。「六畳と四畳半の二 (ふた) 間」

  1. 柱と柱のあいだを単位として数えるのに用いる。

    1. 「勢多の橋をひと―ばかりこぼちて」〈更級

  1. 建物や部屋の広さをいうのに用いる。2をもとにして、縦一間 (ひとま) ・横一間の広さを一間 (ひとま) とする。

    1. 「六―の客殿へ跳り出で」〈太平記・一〉

  1. 障子の桟 (さん) で囲まれた一区切りなど、一定の区切られた空間を数えるのに用いる。

    1. 「明かり障子の破ればかりを…なほ一―づつ張られけるを」〈徒然・一八四〉