• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

僧・修験者が左右に分かれて、修行して得た法力をきそい合うこと。

「七月十五日安居 (あんご) の終はる夜―を行ひけるに」〈著聞集・二〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉