• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南浦紹明の解説 - 小学館 大辞泉

[1235~1309]鎌倉中期の臨済 (りんざい) 宗の僧。駿河の人。鎌倉建長寺住持。紹明は「じょうみん」「じょうみょう」とも。建長寺の蘭渓道隆 (らんけいどうりゅう) に師事し、正元元年(1259)入宋、帰国後、各地で禅宗を弘め臨済宗発展の基礎をつくった。諡号 (しごう) は円通大応国師。著作に「大応国師語録」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉