• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

呉茂一の解説 - 小学館 大辞泉

[1897~1977]西洋古典文学者。東京の生まれ。秀三の長男。東大・名古屋大教授。ギリシャ神話の研究に力を注ぎ、邦訳多数。「イリアス」の翻訳で読売文学賞、ギリシャ叙情詩の訳詩集「花冠」で日本翻訳文化賞。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉