唐人お吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1841~1890]伊豆下田の船大工の娘。安政4年(1857)下田奉行所のはからいで、下田に滞在中のアメリカ総領事ハリスのもとに看護婦として送られたが、実際は妾であったという。のち自殺。
十一谷義三郎の長編小説。副題「らしゃめん創世記」。の悲劇を実話に基づき描いた作品で、昭和3年(1928)「中央公論」誌に掲載。昭和4年(1929)単行本刊行。その翌年には溝口健二監督により映画化された。続編に「時の敗者唐人お吉」がある。