• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

富田鉄之助の解説 - 小学館 大辞泉

[1835~1916]官僚・実業家。陸奥 (むつ) の人。勝海舟に師事。幕末に渡米し経済学を学ぶ。外交官として活躍した後、大蔵省に転じ日本銀行の設立に参画、初代副総裁となる。のち、総裁に就任するが松方正義蔵相と対立して辞任。その後は東京府知事や横浜火災保険社長などを歴任した。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉