• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牧谿の解説 - 小学館 大辞泉

中国、宋末から元初の画僧。蜀 (しょく) (四川省)の人。法名は法常。牧谿は号。西湖畔六通 (りくつう) 寺の開山と伝える。山水・道釈・花卉 (かき) ほか幅広い題材の水墨画を描いた。中国ではその画法が古法に合わないため一部では批判視されたが、日本では鎌倉末期以来珍重され、室町期の水墨画に多大な影響を与えた。代表作「観音猿鶴図」。生没年未詳。