良寛の解説 - 小学館 大辞泉

[1758~1831]江戸後期の曹洞宗の僧・歌人。越後の人。号、大愚。俗名、山本栄蔵。備中 (びっちゅう) 円通寺の国仙和尚に師事。のち、諸国を行脚し、生涯寺を持たず、故郷の国上山 (くがみやま) の五合庵に隠棲 (いんせい) して独自の枯淡な境地を和歌・書・漢詩に表現した。弟子の貞心尼編による歌集「蓮 (はちす) の露」がある。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉