出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都市東山区にある時宗国阿派の寺。山号は霊鷲山 (りょうじゅせん) 、開創は延暦年間(782~806)、開基は最澄 (さいちょう) で霊山寺と称した。弘和3年=永徳3年(1383)国阿が入寺して時宗国阿派の本山とし、正法寺と改めた。
岩手県奥州市にある曹洞宗の寺。山号は大梅拈華山。開創は正平3年=貞和4年(1348)、開山は無底良韶 (むていりょうしょう) 。江戸時代に至るまで、永平寺総持寺とともに曹洞宗第3の本寺。奥の正法寺。