出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都市右京区にある天台宗の寺。山号は小倉山。承和年間(834~848)嵯峨上皇の勅によって創建。開山は円仁釈迦 (しゃか) 阿弥陀の二尊を本尊とする。はじめ天台・真言浄土の四宗兼学で、法然が住して以来念仏の根本道場となり、明治に入って現宗に改宗。法然廟、角倉了以伊藤仁斎らの墓がある。二尊教院華台寺。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉