出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][べから|べく・べかり|べし|べき・べかる|べけれ|○]活用語の終止形、ラ変型活用語は連体形に付く。
  1. 当然の意を表す。…して当然だ。…のはずだ。「地方路線のいくつかはやがて廃止されるべき運命にある」

    1. 「行成ならば裏書きあるべし。佐理ならば裏書きあるべからず」〈徒然・二三八〉

  1. 適当・妥当の意を表す。…するのが適当だ。…するのがよい。「無責任な放言はすべきではない」

    1. 「あひ見ずは悲しきこともなからまし音にぞ人を聞くべかりける」〈古今・恋四〉

  1. 可能の意を表す。…できるはずだ。…できるだろう。「今月中に目標に到達すべく努力している」

    1. 「わが子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ、口惜しけれ」〈大鏡・道長上〉

  1. (終止形で)勧誘・命令の意を表す。…してはどうか。…せよ。「明日は八時までに出勤すべし

  1. 義務の意を表す。…しなければならない。「この件については君が責任をとるべきだ」

    1. 「嶺 (みね) にてすべきやう教へさせ給ふ」〈竹取

  1. 推量・予想の意を表す。…だろう。…しそうだ。

    1. 「この人々の深きこころざしは、この海にも劣らざるべし」〈土佐

  1. 決意や意志を表す。→べいべからずべくしてべくもないべみべらなり

    1. 「我はかくて閉ぢこもりぬべきぞ」〈更級

[補説]語源は「宜 (うべ) し」の音変化とする説が有力で、上代から現代に至るまで広く用いられる。当然または必然的にそうなることと推量する意が原義で、そこからいくつかの意味に分化した。なお、現代では、1234の用法は、文語的表現の中で用いられることが多い。また、中世以降「べし」の接続は複雑化し、上一段・下一段・上二段・下二段活用には、イ列音・エ列音に伴うものもみられる。