出典:デジタル大辞泉(小学館)

浮世絵版画で、衣服の紗綾形 (さやがた) や障子の骨などの模様を、版木に絵の具をつけずにすって、凹線だけで表す技法。