出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. キキョウ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は長卵形で、裏面がやや白い。8、9月ごろ青紫色の釣鐘形の花が咲く。つぼみのときは風船状をなし、花びらの先が5裂して開く。園芸種には白色花や二重咲きのものもある。秋の七草の一。根は漢方で薬用。おかととき。ありのひふき。きちこう。 秋》「かたまりて咲きて―の淋しさよ/万太郎

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は二藍 (ふたあい) 、裏は青。きちこう。

  1. 桔梗色」の略。

  1. 紋所の名。キキョウの花をかたどったもの。