《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世の当て字》
  1. 年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。「―の悩み」

    1. 「―壮士 (をとこ) の行き集ひかがふ嬥歌 (かがひ) に」〈・一七五九〉

  1. 五節の舞姫のこと。

    1. 「あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ―の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉

(少女)源氏物語第21巻の巻名。夕霧の元服、大学教育、雲井 (くもい) の雁 (かり) との恋、六条院の新築などを描く。

《「おひとめ(男人妻)」の音変化》夫と妻。めおと。

「みとのまぐはひして―と為る」〈神代紀・上〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫