[名]うちわ太鼓の音から》日蓮宗。また、その信徒。
[副]太鼓の音、特に、日蓮宗で使ううちわ太鼓の音を表す語。

歌舞伎舞踊。常磐津 (ときわず) 。本名題「神楽諷雲井曲毬 (かぐらうたくもいのきょくまり) 」。3世桜田治助作詞、5世岸沢式佐作曲。弘化3年(1846)江戸市村座初演。太神楽の風俗を舞踊化したもの。「どんつく」とよばれる田舎者の下男が主にこっけいな踊りを見せる。

  1. にぶいこと。愚鈍なこと。また、その人。のろま。「この鈍付くめ」

  1. 太神楽 (だいかぐら) で、太夫 (たゆう) の相手をして、こっけいな役をつとめる人。

  1. 鈍付く布子 (ぬのこ) 」の略。