• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一日三秋の解説 - 学研 四字辞典熟語

一日顔をあわさないだけで、三年も過ぎ去ったような気がする。それほどに相手に対する情愛のほどが強いことのたとえ。
注記
「三秋」は、文字どおり秋が三回で、三年を意味する。三か月、九か月を意味するという説もある。「一日三秋の思いで待つ」という風に用いる。出典の「一日見ざれば三秋のごとし」による。
出典
『詩経しきょう』王風おうふう・采葛さいかつ
類語
一日千秋いちじつせんしゅう 一刻千秋いっこくせんしゅう

一日三秋の解説 - 小学館 大辞泉

⇒いちにちさんしゅう(一日三秋)

《「詩経」王風・采葛から》「一日千秋」に同じ。いちじつさんしゅう。

キーワード[待つ]の四字熟語