• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三世了達の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、過去・現在・未来の三世を仏は広く見通しているということ。
注記
「了」は、はっきりとわかる。「達」は、広く行き渡る。
表記
「了達」は、「りょうたつ」とも読む。
用例
知らずんば、三世了達さんぜりょうだつの智と云えば虚談なり。また知りながら造りたらば、慳貪けんどんの第一なり。〈芥川龍之介・るしへる〉
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。