[名]
  1. 乗り物などに乗ること。また、その人。「船乗り」

  1. つりこまれること。調子づくこと。また、音楽のリズムなどにうまく合うこと。「乗りのよい曲」「悪乗り」

  1. 絵の具・白粉などの付きぐあい。「化粧の乗りが悪い」

  1. 邦楽で、三味線または鳴り物のテンポ。特に、1曲中の緩急の変化をいう。

  1. (ふつう「ノリ」と書く)謡曲で、拍子に合った謡のリズムの型のこと。大ノリ中ノリ平ノリの3種がある。

  1. 歌舞伎で、せりふやしぐさを、三味線や囃子 (はやし) のリズムに合わせて演技すること。義太夫狂言に多い。

[接尾]人数を表す語に付いて、乗り物がその人数だけ乗れることを表す。「二人乗りのボート」「五人乗りの自動車」

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース