• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人為淘汰の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人工的に生物の品種改良を行い、その形質を一定の方向に変化させ、目的にかなった型の固体だけを選び残していくこと。▽「人為」は自然のままでなく、人間の手を加えること。「淘汰」はより分ける、よいものを取り、悪いものを捨てること。
句例
人為淘汰の成果を得る
類語
人為選択じんいせんたく
対義語
自然淘汰しぜんとうた
活用形
〈―スル〉

人為淘汰の解説 - 学研 四字熟語辞典

人工的に優秀な種しゅの選別や改良を行うこと。動植物などの品種改良のために、人が故意に遺伝子操作を行うこと。バイオテクノロジー。
注記
「淘汰」は、よいものを採り、劣ったものを捨てること。
対義語
自然淘汰しぜんとうた

人為淘汰の解説 - 小学館 大辞泉

動植物の個体群の中から、人間の役に立つ形質をもつ個体を選んで交配し、その形質を一定の方向に変化させること。家畜や作物の品種改良に用いられる。人為選択。→自然淘汰