• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明からの帰化人陳元贇 (ちんげんぴん) が寛永(1624~1644)のころに名古屋で焼いた陶器。瀬戸産の陶土を用いた素地 (きじ) に呉須 (ごす) で書画をかき、これに白青色の透明な釉 (うわぐすり) を施したもの。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉