• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内典外典の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教関係の書籍と、それ以外の書籍。
注記
仏教のことば。「典」は、書物・書籍。「内典」は、仏教関係の書籍で、仏典のこと。「外典」は、仏教以外の書籍で、もとはインドの外道の書籍をいったが、日本では主に儒教の書籍をさす。「外典」を「がいてん」と読み誤らない。
出典
『二教論にきょうろん
用例
最後に、内供は、内典外典ないてんげてんの中に、自分と同じような鼻のある人物を見出して、せめても幾分の心やりにしようとさえ思った事がある。〈芥川龍之介・鼻〉

キーワード[読書・書物]の四字熟語