• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、商業・漁業・山林などの生産高・売上高から何分の一かを税として徴収したもの。

  1. 江戸時代、海難で沈んだ荷物を引き上げた者に、荷主がその10分の1を報酬とした制度。