• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人物・建物・風景などの絵を描いた錦絵 (にしきえ) 風の版画を切り抜き、板の上に立体的に組み立て、火をともして眺めるもの。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉