博引旁証の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

事物を説明するのに、多くの例を引き、証拠をあげて論ずること。▽「博引」は広く例を引用すること。「旁」はあまねく、広く行き渡る意。「証」は証拠の意。
用例
戦って民を苦しめるようなことは王者の道ではないということをまことに博引旁証、古典から言葉を引き、事実を援用し、<司馬遼太郎・項羽と劉邦>
類語
考証該博こうしょうがいはく 博引旁捜はくいんぼうそう
対義語
単文孤証たんぶんこしょう

博引旁証の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事を論じ、立証するのに、広く資料を引用し、多くの根拠をあげて弁論すること。
注記
「博引」は、広く引用すること。「旁証」は、あまねく根拠を示すこと。
対義語
単文孤証たんぶんこしょう

博引旁証の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)実例や証拠を広い範囲から多く挙げて説明すること。「博引旁証して自説の正当性を主張する」

キーワード[証拠]の四字熟語

出典:青空文庫

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。