1. 自分の名前をはっきりと言うこと。また、その名前。「互いに―をする」

  1. 武士が戦場などで自分の氏名・家柄・身分などを声高に告げること。

  1. 公家・武家の男子が元服するとき、幼名や通称に代えてつける名。牛若丸・九郎に対する義経など。

  1. 能・狂言で、登場人物が自分の身分・氏名や、成り行きの説明、行動の予定などを述べる部分。

  1. 名前に使う漢字の訓。「知」を「ちか」「とも」「はる」などと読む類。

  1. 商人が売り物の名を呼んで歩きまわること。

    1. 「大路近き所におぼとれたる声して、いかにとか聞きも知らぬ―をして」〈・東屋〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース