• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

報本反始の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天地や祖先などの恩に報いること。人が天地や祖先など、存在の根本に感謝し報い、発生のはじめに思いを致すこと。▽「本もとに報むくい始はじめに反かえる」と訓読する。
出典
『礼記らいき』郊特牲こうとくせい
句例
報本反始の気持ちをもつ

報本反始の解説 - 学研 四字熟語辞典

天地や祖先などのこれまでの恩に感謝し、報いること。天地という存在の根本に感謝し、始源に思いを致すこと。
注記
「本」は、ここでは天地の意。「始」は、祖先の意。「本もとに報むくい始はじめに反かえる」と読み下す。
表記
「反始」を「反初」と書きちがえない。
出典
『礼記らいき』郊特牲こうとくせい

報本反始の解説 - 小学館 大辞泉

《「礼記」郊特牲の「本に報い、始めに反 (かえ) る」から》自然や祖先の恩恵に報いるという道徳観を示す語。日本では幕末より第二次大戦まで、祖先信仰と国家神道推進のため政府により盛んに鼓吹された。