• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大死一番の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一度死んだつもりになって奮起すること。死ぬ覚悟で何かをしてみること。▽「おのれを捨て、欲を去り、迷いを断って、仏の道に精進する」という仏教語から。「大」は「たい」とも読む。
出典
『碧巌録へきがんろく
句例
大死一番、再挑戦する
用例
禅家の言葉でいえば、全国民が大死一番してこそ、初めて勝利が得られるということである。<菊池寛・話の屑籠>

大死一番の解説 - 学研 四字熟語辞典

死ぬ覚悟物事にあたること。死んだつもりで奮起すること。
注記
もとは仏教のことばで、おのれをすべて捨て去り、心の中の迷いや執着心を断ち切って、仏道に精進することをいう。「大」は、「たい」とも読む。
出典
『碧巌録へきがんろく』四一

大死一番の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

自我を一切捨てて仏道に身をささげること。転じて、死んだ気になって精いっぱいやること。「—難局にあたる」

[がんばる]の四字熟語

[のるかそるか]の四字熟語

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月