• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 律令制で、祭りの前の1か月間、身心を潔斎して行った最も重要な祭祀。践祚大嘗祭 (せんそだいじょうさい) がこれにあたる。→小祀中祀

  1. 国家に慶事のあるとき、特に祝う日。

  1. 古代中国で、天子がみずから行った最も重要な祭事。