• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天地無用の解説 - 学研 四字辞典熟語

荷物の梱包の外側に記載して、荷物の上下を逆さまにすると破損する恐れがあるからしてはならないと警告することば。
注記
「天地」は、ここでは上下の意。荷物や紙、書籍などの上部と下部のこと。「無用」は、してはならない、取り扱ってはいけない。

天地無用の解説 - 小学館 大辞泉

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。

[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で使う人が55.5パーセント、本来の意味ではない「上下を気にしないでよい」で使う人が29.2パーセントという結果が出ている。