• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 老翁。おきな。特に能で、老翁の役。また、それに用いる能面。⇔姥 (うば) 。→尉面

  1. 炭火の白い灰となったもの。

    1. 「あらかた―になりかけた炭火」〈里見弴・安城家の兄弟〉

  1. 律令制で、衛府 (えふ) 検非違使 (けびいし) の第三等官。→判官 (じょう) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉