• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 神仏や故人の絵像を祭って供養すること。

  1. 真言宗で、空海の忌日の3月21日に、その絵像を供養する法会。みえく。 春》「―や人に埋もるる壬生朱雀/太祇

  1. 御会式 (おえしき) 

  1. 柿本人麻呂の絵像を祭って和歌を講じる会。人麻呂影供。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[春/行事]の季語