• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
文久3年(1863)江戸幕府が武勇にすぐれた武士で編制した浪士隊。清川八郎による浪士組分裂ののち、京都守護職松平容保 (まつだいらかたもり) の支配下に、市中取り締まり、尊攘 (そんじょう) 派浪士の鎮圧に当たった。近藤勇を組長とする。
(新撰組)白井喬二の長編小説。大正13年(1924)から大正14年(1925)にかけて「サンデー毎日」誌に連載。単行本は大正14年刊行。同年、映画化もされた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉