1. 長い柄の先に細長い剣(穂)をつけた武器。鎌倉末期からもっぱら戦場で用い、室町末期には道具と称して、これを重んじた。穂の形により、素槍・鎌槍・十文字槍・鉤 (かぎ) 槍などがある。「―をしごく」

  1. 槍を使うわざ。槍術。

  1. 陸上競技の槍投げに用いる槍。男子は長さ2.6~2.7メートル、重さ800グラム以上、女子は長さ2.2~2.3メートル、重さ600グラム以上。

  1. 将棋の香車。

[補説]「鑓」は国字。
作品名別項。→

《原題、(スペイン)Las Lanzas》⇒ブレダの開城