• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

殊塗同帰の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

手段や方法は違っても、同じ目的や結論に到達すること。行く道は違っていても、同じ所に帰着する意から。▽「殊」は異なること。「塗」は「途」に同じで、途中・みち。「帰」は帰着するところ。目的。「塗みちを殊ことにして帰を同おなじくす」と訓読する。「塗」は「途」とも書く。また、「同帰殊塗どうきしゅと」ともいう。
出典
『易経えききょう』繋辞けいじ
類語
異塗同帰いとどうき 異路同帰いろどうき