• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

残山剰水の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

戦乱などの後に残された荒廃した山河のこと。亡国の風景。また、全景を描ききらず、部分的に描くことで、かえって自然の雄大な景観を表現する山水画の描法。この場合は、山河を描ききらずに残す意。▽「残」「剰」はともに、損なわれ残っている意。「水」は川の意。「剰水残山じょうすいざんざん」ともいう。
出典
杜甫とほ「鄭広文ていこうぶんに陪ばいして何将軍かしょうぐんの山林さんりんに遊あそぶ」(詩)
用例
庭園の枯山水や石庭は、水墨画のいわゆる「残山剰水」、花鳥画の「折枝」という構図方式の自然を相手にしての適用であろう。<唐木順三・日本人の心の歴史>

残山剰水の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 戦乱のあとに残された山水。

  1. 山水画の一様式。自然の一角を小さく描き、画面に大きな余白を残して詩的情趣を表すもの。南宋の馬遠一派に始まる。馬一角 (ばいっかく) 。

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。