• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

池魚之殃の解説 - 学研 四字熟語辞典

災いにあうこと。思いもよらない災難に巻き込まれること。
注記
「殃」は、災難のこと。池に投げ込まれた宝珠をさがすため池の水を汲み干したが、宝珠はみつからず、池の魚が死んでしまったという説話から。一説に、火事の消火のため水を汲み干したという説話もある。
出典
『呂氏春秋りょししゅんじゅう』必己ひっき