• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

沈思黙考の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

黙ってじっくりと深く物事を考え込むこと。▽「沈思」は深く考える意。「黙考」は黙って考える意。
句例
沈思黙考すること一時間
用例
自分の置かれた苦難の運命の打開を、沈思黙考しようと、腹をきめた。<獅子文六・出る幕>
類語
熟思黙想じゅくしもくそう 沈思凝想ちんしぎょうそう
活用形
〈―スル〉

沈思黙考の解説 - 学研 四字辞典熟語

黙って気を散らさずに、深く考えこむこと。
用例
「その時の坐蒲団がいまだにへつこんでゐます。」といふくらゐの沈思黙考の間に、彼が栓ぬき瓢簞の将棋観をいよいよ深めたであらうことは、私にも想像される。〈織田作之助・聴雨〉
類語
熟思黙想じゅくしもくそう

沈思黙考の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)沈黙して深く考えること。

キーワード[考える]の四字熟語