源氏物語第51巻の巻名。また、その女主人公の名。宇治の八の宮の娘。薫 (かおる) 大将匂宮 (におうみや) の二人との愛に苦しみ、宇治川に入水するが、横川 (よかわ) の僧都 (そうず) に助けられて尼となる。
謡曲。四番目物観世金春 (こんぱる) 金剛流。源氏物語に取材。浮舟の霊が現れ、過って匂宮と通じ、宇治川へ投身した物語を語る。

水面に浮かんでいる小舟。頼りないことにたとえることが多い。

[補説]作品名別項。→浮舟